忍者ブログ

何も考えていない版権編

超不定期に版権の話をします。 今は王子様がたぶん多め。 http://kkettle.xxxxxxxx.jp/index.html

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

美奈子ちゃんの話

やった!テニプリ以外の話題だ!!

美奈子ちゃんが好きです。あいのみなこ。出席番号ははやいんだろうなあ。
今だったらみなレイ。おいしいです。かわいいです。

アイドルになる〜とか、彼氏がほしい〜!とか、いちばんチャラっチャラしたことを言っていて、いちばん身の回りのものにお金をかけていて、自分磨きを怠らない、けどセーラー戦士のリーダーを一手に担う彼女はまさに可憐な乙女のポリシー貫いていると思います。
ニコニコして愛想を振りまいて、人からどう見られてるかをしっかり自覚している感じ。
あんまり「男まさりだけど実はかわいいものが…」とか、二面性?実は?的な要素を好きにはならないのですが、美奈子ちゃんはその、チャラチャラ↔ガチ戦士のギャップを内包しているところが大好きです。
ガチ戦士といえば外部系ですが、覚悟とか姿勢とか、いちばん外部に近いのは美奈子ちゃんなんじゃないかな。でも、はるみちがキメたような裏切り戦法とかはなにがあっても取らなさそう。その辺、戦力としては微妙に劣るかもしれませんが根性論含めで考えると、美奈子ちゃんがやっぱりセーラー戦士のなかで頭ひとつ抜けているイメージ。戦いとなったら容赦はしないし例の銀水晶の剣をブン回すアマゾネス像があります。
古傷ですが昔セーラームーンの続編(?)の小説を書こうとしていた時期がありました。小学生…小学生!?でも時系列的にはセーラームーン→一瞬創作→戯言とかセラムンとかドラクエとかFFとか→ というステップを踏んでいるので、小学生!?こわ!閑話休題。とにかくそのセーラームーン小説のなかで、美奈子ちゃんの手に入れる武器は剣でした。無印で使ったあの剣をどーしてこーして…といろいろ考えていた気がします。
剣といえばやっぱりはるかさんですが、はるかさんが蛮刀チックな、片刃身軽風なのに対して、美奈子ちゃんは両刃のガチロングソード。聖剣エクスカリバー!なイメージです。
個人的に美奈子ちゃん>レイちゃん>亜美ちゃん>まこちゃんでガチ戦士なイメージ。漫画版のスターズで、美奈子ちゃんが一通りふざけたあと、レイちゃんと二人で「男なんてお呼びじゃないのよ」って笑うシーンがわたしのなかの最美奈子ちゃんです。ゾクゾクッとします。

そんな、うさぎちゃんのためにガチ戦士な自分も、うさぎちゃんと対等でいちばん仲のいい女子高生な自分も、しっかり自覚して、有事の際にはガチ戦士な美奈子ちゃんが大好きです。セーラーVのときなんて、一人でずっと戦ってたわけでしょ〜〜〜超えてきた死線が違うぜ。そう考えると胸が嗚呼〜↑↓↑↓ってなります。大好き美奈子ちゃん!
PR

幸村くんの話

ミュの曲を聞いて、楽しむほうが天衣無縫キメて強いってひどいな…つーか幸村くん…となりました。
レギュラーだって勝たなきゃいけないし、その責任を負わなきゃいけないし、
いけないというか、負うものだと思っているのですが
リョーマくんにはレギュラーになるか否か、勝ち負けってあんまり関係ないんですよね。勝つまでやればいいじゃんみたいな?
少なくともレギュラーになれないで青ジャージを着てる姿とか考えたこともないんだろうなと思います。
で、手塚は青学のためにフィジカルメッタメタに痛めつけていたわけですが、そういうものもないのかなと。
完全にない!!とは思わないのですが、例えばはじめにレギュラーになれなかったらレギュラーになれるところにひょいっといってしまいそうなイメージ。と思ったけど青学の柱になるのか…でも君アメリカ行っちゃったじゃん…そのへんもリョーマくんの浮世離れした感を思い起こさせるのかもしれません。

まあそんなこんなで、有と無までの違いとは言いませんが、完全に試合に向かう姿勢が幸村とリョーマくんの違うわけですよね。どっちも、勝たないと学校が負けてしまうわけですし。でもリョーマくん直前までわあ〜みなさんあんな小さいボールでお上手ですねキメてたわけですし。
常勝が掟で、自分が入院してしまったことで他の部員がさらに勝ちに拘って、やっとテニスが出来るようになって、そりゃあ勝つことが絶対になると思います。幸村って激チートラスボス魔王みたいな、彼もまた浮世離れしたイメージがありますが、でもいちばん勝ちを大事にしているのは、私の中では彼です。
たぶん彼もまたレギュラーか否かとか、勝ちとか負けとか、そういったことに縁が薄いタイプの選手ではあったと思います。激強いし。必死になってるイメージもあんまりないし。常勝は掟だけど、まあ自分がやれば勝てるし。みたいな。だが俺がいる!安心して戦ってくれ!はTHE幸村だと思います。まさに常勝。take it for granted ですよ。でも、勝つことは絶対なん…自分のためにも、皆のためにも。幸村とリョーマくんて要素要素似てると思うんですが、やっぱり自分がどこにいるのかの自覚が決定的に違うんだな〜と思います。
だからそれで、よくわかんない1年生ルーキーに追い詰められて、テニス楽しんでる?とか言われたらそっりゃもう焦るしブチ切れるって話ですよ。こちとら全国大会ラストラストこれがラスト最後の戦いだぞコラァー!!わたしだったらもはやリアルファイトキメたくなっちゃう。そんなこんなを全部ひっくるめて、彼がテニス楽しくないって言っていたのは〜〜〜〜〜本当にああ〜↓↓↓↓ってなりました。マジマジスッゲー悲しくなってボール2つに割れて頑張って返して幸村くん〜〜〜↓↓てテンションが最高潮に振れて、で、気づいたら最終回で歌詞が流れててスッ・・・・・と無になりました。あれこそイップスやで。青学優勝の嬉しさとか幸村↑↓↑↓〜〜〜が全部なくなって凪ぎました。心が。びっくりした。このみせんせいはほんとうにいだいですね。

で、そのあとで、激素直にテニスを楽しむのが大事らしい!と練習に取り入れようとする幸村くんほんっっっっっっっっっっっっっっっっっとうに好きなんです。テニスを楽しもうと思うこともできるし。なんなの?聖人?魔王?ぴゅあっぴゅあやで。新鮮で信じられない「負け」を、フラットに捉えることの出来る幸村精市14歳ああ〜 めっちゃ好きやねん!!!勝手な言い分極まりないのですが、自分のことを最大限思いやってくれる仲間と一緒にやってたテニスが、楽しくないってことはないと思います。楽しいって思えるか、言えるか否かだよ!!幸村が無我る日を楽しみにしています。大丈夫?地球保つ?

むかし友人が、「リョーマくんが幸村に勝てたのはガチでありえない奇蹟だったんだよ!!」と力説していましたが、今はたしかになあと思います。当時は何言ってんだと思っていて、ごめん。いまの私は、幸村が噛ませ犬で負ける話があったらテニプリとまたしばらく距離を置きたいなと思うレベルです。

なげえ!!幸村大好きです!!!名前の呪いかも!!!

レギュラーの話


私は中高吹部だったりパントマイム部だったりで、「レギュラー」という言葉に疎いのですが、
部内でたった数人しか試合に出られないって一体どんなことなんだろうなあと思います。

というのも、吹奏楽部では普段の練習はすべて本番のステージのためで、
ステージでより良いパフォーマンスをするための努力と言ったらパントマイムもおなじで、
でもステージ=試合に上がれない、それが上がれない人のほうがおおい、というのは
う〜〜んちょっとすごく陳腐な表現ですが怖いなあと思いました。

氷帝はバリバリ切り捨て殺伐形態をとっていて、冷たいぜ!とアピールしているような気がしますが、
どこの学校も多分それは同じで、でそこで四天の勝ったモン勝ちやがじわじわときます。
何かって言うと、レギュラー陣8人、彼ら以外にも部員はいっぱいいて、でも強いやつがレギュラーになって、そんなあたりまえでひどい事をサクッと勝ったモン勝ちや!とアッピルするその心やいかに。好きです。白石とか謙也さんはその重みをわかっているような気がしますが、金ちゃんとか絶対考えたことないよ。こわあ レギュラーに選ばれた時にすごく喜ぶ財前の話とか見たいな。
でもその、レギュラー非レギュラーを「ひどい」と思うのはわたしが馴染みがないからなんだろうな。中学生にとっても高校生にとってもあたりまえなんでしょう。つよいものが〜勝つ〜あたりまえのことを忘れたか〜

四天も立海も青学も、みんな出てくる人好きだな〜仲良くていいな〜!とニコッニコしてしまいますが、
そこに入れない人がいて、氷帝コールなり応援なりしてるんだなって思ったら、こう…
準決勝の試合を譲った謙也さんといい、いきなり正レギュラーからおっこちちゃった滝さんといい、
思うと ウウーン!胸が!色々諸々、自分の無力感と、人を認めることと、力量差、でもすべてごっっちゃにして学校が勝つためにレギュラー陣を応援して、でもその相手が負けてしまったらそれはも〜〜〜〜〜〜〜 つら 氷帝200人とか、その分の期待を一身に背負うとか、重いよ!そりゃ負けた日吉も泣くわ。でもそれをすべて受け止めて自信にして勝つのは俺だ!出来る自信 うーん、すごい 
甲子園に行くくらいのやつは、ものすごい人間できてるかものすごい不遜かのどちらかだ、という話を聞いて、応援を一身にうけることはそういうことなのかな、とも思いました。今まで生きてて、単純に、大勢の人(量)からものすごい期待や応援を受けた経験ってたぶんありません。せめてクラス単位くらい?それを受けてる中高生がいるってすごいなあ。大人だなあ。生まれ変わったら運動部に入ろう。

滝さんの話



テニプリを知る前から滝さんは某さんの想い人という位置づけで知っていたのですが、
なんとなくあの見た目とやるねーとぼんやり2次創作のイメージから、クールビューティな印象を持っていました。

なので、ドリライで見た滝さんのピアノ・カスタネットプレイはかなり衝撃でした。
お、おう…私の知ってる滝さんとちがう…激アツっていうか…変な人だ…
ああ、また二次創作に踊らされて本当の姿を見失ってしまった…そう思いました。
今時の滝さんは自虐ネタさえ使えるのか。そういうキャラだったのか…

と、思っていましたが(2段目)、漫画をまじめに読んだ結果、
う〜〜〜んそんなにヨゴレというかネタキャラでは…ないんじゃないだろうか…
マジで出番…ないけど…と思いました。まあ、ミュージカルの舞台も一種の派生作品ですし…財前くんのグッズはアレでコレでアレですし…一個の二次創作として楽しもう!うん!

と、思っていましたが(3段目)、薫ちゃんさんと滝さんの声が同じ、
また薫ちゃんさんソロアルバムの狂詩曲っぷりを目の当たりに 聞き当たりにした結果、
いや…ありかな‥と思いました。中の人がここまでクレバーでローマンチックにキメキメなのなら、滝さんもまたそうかもしれない‥そう思いました。
焼肉の王子様でタイム測ってた滝さん、ものすごいいい笑顔してたし。

と、思いましたが(4段目)まあアニメも中の人もメタメタなネタですしね。
なんとなく、狂詩曲キメる滝さんは壊れた跡部を思い起こさせます。あんまり変な方向に変な壊れ方されると世知辛くなる系。対角は漫画アニメ中の人おそらくミュージカルでも率先してパリパリ粉々な乾先輩です。
なので、個人的にはあんまり狂騒キメる滝さんより、ちょっと大人な渋い趣味を持っている大人なお姉さんっぽい滝さんを推したいと思います。2013年7月現在の見解でした。

ブン太



ブン太好きですね
アニメの色素薄い目とかビッグマウスなとことか実力ついてってるとことか
ちょいちょい君付けで呼んでるとことか…SUKI…
OVAのコミュ力にゴロロロロロてなりました。あとべ〜つにィ〜かわいすぎない!?
あと新テニOVAの長太郎すごすぎてお…oh…ってなってました。
跡部に対してあの長太郎っぷり。卓球対決の決着の付け方の邪気のないクズっぷりいいですね。
あとテニスの合宿にテーブルテニスのマイラケット持ってくる観月;;;;;;
ッサーする観月;;;;;;;

好きな学校は?てテンプレな質問だと思うんですが、
やっぱり四天〜と思いつつ氷帝も立海もSUKI…てなってます。
頑張ってる中学生は!!イイね!!!
マジレス幸村マジ愛しい。マジレス大好きなので愛おしさMAXです。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R